© aritomi.com All rights reserved.

img_4097.jpeg

20161/22

カラダの触り方

柔道整復師免許をとって11年

開業して6年になる

もうすぐ32歳”三十路ボンバイエ”アリトミーです。

昨日は整体スクールの日でした。

夕方からみっちり4時間

テクニックはやりません。

ひたすらカラダの触り方を繰り返しやりました。

今まで自分の体に染み付いた”癖”を取り除き

しっかりとした”型”を覚えさせるためです。

創造のためには破壊が必要だということです。

触り方と触れ方と探り方では手の使い方が違う

わかってはいることですが

10年以上”型”を持たずにやってきたので

染み付いた”癖”を壊すのに一苦労です・・

師範代えじり先生に「違う」「そうじゃない」

とひたすら4時間言われ続け、手も心もヘトヘトになりながらやってました。

(ちょっと大げさに書きました(笑))


FTAの先輩でからだ工房Saraの浅野先生も応援に駆けつけてくださって

練習台になってくれましたが、なかなか難しい。

えじり先生が触るとホントに簡単に、しかも弱い力で的確に触れるのに

僕が触るとうまくいかない。

治療家歴は倍くらい違うので、当たり前といえば当たり前なのかもしれませんが

ものすごく悔しかったです。

それと同時に、本当にすごい先生に教えてもらえてるんだということ

そしてそのえじり先生を育てた師匠、鈴木暁光先生のすごさというのも肌で感じました。

(そんなえじり先生の教える勉強会 えじり一座魅せるを創るセミナーはこちら。必見です!)

それでも悔しい。

人にできて自分にできないということが

とても悔しいのです。

僕はなんでも器用にできる方ではないので

人並みにできるようになるのに倍の期間か倍の練習量が必要です。

昔はそれでしょうがないと思ってたし

不器用だから・・って言い訳してましたが

治療、施術、カラダを触ることに関してはそうはいいたくない。

この悔しさを力に変えて頑張ります!


2016年の目標は

「カラダの触り方を変える」

「カラダの使い方を変える」

「しっかりとした型を身につける」

これをしっかりと達成して

患者さんの不調・悩みをもっと解消できるように

精進していきます!

 

自分のスキルを磨くための勉強ではなく

あくまで患者さんのための勉強であることを

僕たち治療家は忘れないようにしないといけませんね。

 スクール後は浅野先生オススメの汁なしまぜそばでエネルギーを補給し、また今日から頑張っております(笑)
ありとみ接骨院HP

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

img_8608.jpg

201710/3

治療家という人生の生き方

3月からの半年間、3回にわたり、「ブラマケ」というセミナーで ブランディングとマーケティングを学んできたわけですが そこ…

img_7173.jpg

20174/17

最短で結果の出る無駄のないテクニック

自分の話になってしまいますが 僕が物事を判断するとき ”効率” ”コストパフォーマンス” この二つを重視します。 コスパの…

dscf1043.jpg

20174/5

まゆみのロミロミ

皆さん lomilomi(ロミロミ) ってご存知ですか? ロミロミとはオイルを使ったハワイの伝統的なマッサージで 元々医療と…

img_7057.jpg

20173/25

人の可能性の奥行き

33歳になり、少し大人になったのか? でも子どもみたいに毎日楽しく過ごしたいアリトミーです。 たくさんのお祝いのメッセージありが…

img_1652.jpg

20173/6

成長という階段を上るためには・・

ひとつできるようになると ひとつ、あるいはそれ以上の新しい課題にぶつかる それが”成長”っていうものなのかなぁと SUPサ…

ページ上部へ戻る