© aritomi.com All rights reserved.

IMG_3507.JPG

201511/2

赤ちゃんのこわばり・緊張を取る方法

先日患者さんに相談を受けました。

「子どもの緊張が強いみたいなんですが、緩める方法ありませんか?」

赤ちゃんの体と、成長中の子ども、成人した大人では実は体の構造が違います。

もちろん大まかな部分は同じですが

例えば背骨、成人の背骨はS字のように前後に曲がっていますが、赤ちゃんはC字のように、緩やかに後ろに曲がっています。

骨自体も成人は固いしっかりした骨なのに対して、赤ちゃんは柔らかい軟骨でできています。

緩やかなC字カーブ、柔らかな軟骨、その上筋肉も未発達なので、そもそも赤ちゃんの体というのは柔らかいものなんです。

あくまで僕の考え方ですが、赤ちゃんのこわばり・緊張の多くは肉体的な要因ではなく、精神的な要因からくるものだと思います。

だから赤ちゃんの緊張を取るのに、特殊な体操や、矯正や、マッサージをする必要はないと考えます。

「手当て」ということばがあります。

一般的にはケガを治したりすることを「手当て」と言いますが、これは文字通り「手を当てる」というところから来ています。

つまり、人の体は 「手を当てる」 これだけのことで楽になるんですね。これは大人でも子どもでも赤ちゃんでも同じです。

手を当てる。優しく触れてなでる。

そうすることで赤ちゃんはリラックスし、安心して体を預けることができるようになります。

赤ちゃんの緊張をとりたい時は、お母さん、お父さん、あるいは身近な人が

優しく抱っこして、愛情を持って、頭や背中やお腹をなでてあげてください。

赤ちゃんは不安だから緊張するのです。体をこわばらせるのです。

だから安心させてあげることが重要なんです。

何をするか、ではなく、どんな気持ちで接するか、が大切だと思います。


ちょっとまとまりの無い文章になってしまいましたが

大切なのは「愛」ということですね。

 

僕が言うとすごく胡散臭いですね(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

img_8608.jpg

201710/3

治療家という人生の生き方

3月からの半年間、3回にわたり、「ブラマケ」というセミナーで ブランディングとマーケティングを学んできたわけですが そこ…

img_7173.jpg

20174/17

最短で結果の出る無駄のないテクニック

自分の話になってしまいますが 僕が物事を判断するとき ”効率” ”コストパフォーマンス” この二つを重視します。 コスパの…

dscf1043.jpg

20174/5

まゆみのロミロミ

皆さん lomilomi(ロミロミ) ってご存知ですか? ロミロミとはオイルを使ったハワイの伝統的なマッサージで 元々医療と…

img_7057.jpg

20173/25

人の可能性の奥行き

33歳になり、少し大人になったのか? でも子どもみたいに毎日楽しく過ごしたいアリトミーです。 たくさんのお祝いのメッセージありが…

img_1652.jpg

20173/6

成長という階段を上るためには・・

ひとつできるようになると ひとつ、あるいはそれ以上の新しい課題にぶつかる それが”成長”っていうものなのかなぁと SUPサ…

ページ上部へ戻る